言うまでもなく、毛髪を切っても出血することはありません。頭皮から外に出ている毛幹部の細胞がすでに死んでいて、血管が通っていないためです。

しかし、頭皮の下にもぐっている毛根部のいちばん奥にある毛乳頭には毛細血管が入り込んでいて、毛乳頭や毛母細胞に栄養分を運んでいます。

その点は、全身の細胞と同じです。つまり、毛髪にも栄養分が必要で、髪が育つかどうかは血流にかかっているのです。

血液や血管、血流は、全身の健康状態を左右します。糖尿病や高血圧症、高脂血症(脂質異常症)など、生活習慣病といわれるいくつかの疾患を見てみても、いずれも血流と深い関係があります。

毛髪の健康は、これらの疾患ほど重大視されませんが、血流と深くかかわっているという点では変わりはないのです。

血流を悪化させる要因には、ストレスや睡眠不足、栄養不良、喫煙などがあります。

こうした血流を阻害する要因が重なると、髪は成長することができずに抜けてしまいます。

全身状態が健康で、血涙にも問題がなければ、毛髪をつくる毛乳頭や毛母細胞にも必要な栄養分が十分に行き渡り、髪の成長が促進されます。

美しく健康な髪を育てるには、血液を悪化させる要因を取り除くことが大切なのです。




このページの先頭へ