一般的に、髪の細い人が白髪を染めると黄みが強くなり、髪の太い人は赤みが強くなります。日本人の黒髪の場合は赤みが強いので、アッシュ系のブラウン(赤みを抑えた色)を使うとナチュラルなブラウンに仕上がります。また、白髪が少ない人は仕上がりが暗めになるので、仕上げたいイメージの色より一段明るい色、白髪が多い人は一段暗めの色を選ぶと、自然。自分で染める場合、明るすぎる色は避け、できるだけ自毛に近い色のものを選ぶのがおすすめです。




このページの先頭へ