「初めて白髪染めをネットで購入してみた」カテゴリーアーカイブ

頭皮マッサージで白髪対策はできるの?

白髪が生えてくる原因の一つとして、血行不良から来る髪の毛への栄養不足や、毛穴が詰まることによって頭皮が炎症を起こして毛穴に影響することがあります。

頭皮に張り巡らされている毛細血管の血液から髪の毛は栄養を受け取っています。

髪の毛の色となるメラニン色素を作っているメラノサイトという細胞も血液から栄養を供給しています。

なので、頭皮の血行状態が悪化すると、メラノサイトへの栄養供給が少なくなり、メラノサイトがあまり機能しなくなります。

その結果白髪が生えてくる場合もあります。

血行不良の原因の一つには頭皮が硬くなっていることがあげられています。

頭部は筋肉で取り囲まれています。

頭部の筋肉が凝ったり、肩の凝り、首の凝り、ドロドロになった血液などが原因で血行不良になります。

頭皮マッサージは行うことで、頭皮の筋肉に刺激を与え、柔軟にすることが可能なので、頭皮の血行改善である白髪対策の効果が出るようになります。

また、頭部にはツボがたくさんあるので、リラックス効果も大きく、ストレス解消にぴったりです。頭皮マッサージをする時に気をつけなければいけないことは、頭皮を傷つけないようにすることです。

爪を立てたり、強い摩擦で行うと炎症になる場合があるので、指の腹を使って行いましょう。

頭皮マッサージの手順は、まず全ての指を使って頭部をつかみます。

そのあと、頭皮を前後左右に動かします。

指を固定し、頭皮が摩擦されないようにすることがポイントです。

そして、指の腹を使い、頭部のポイントを探りながらいろいろな部分を押します。

刺激をある程度感じたら力をゆっくり抜きます。

じんわりとした感覚は心も体もゆったりします。

その中でも頭頂部にある百会(ひゃくえ)はリラックス効果が大きいと言われています。

頭皮をマッサージするのと一緒に首、肩のマッサージも行うと効果がより高くなります。

また、頭皮マッサージは定期的に行うことで効果が得られます。

一度や二度ではせっかくの取り組みも期待通りにはならないようです。

例えば、朝髪の毛をブラッシングする前に行うなど、生活の中で習慣化できるような時間に取り組むと続けやすいようです。

育毛剤などをお持ちの方は頭皮マッサージの時に使用すると、浸透力がアップするので一層効果的です。

ストレスや運動と白髪の関係

ここでストレスと白髪の関係について考えてみましょう。筋肉は、ストレスを感じると収縮し、血行が悪くなります。この結果、頭皮の血行も悪くなり、髪の毛の成長に大切な栄養素が十分に運ばれず白髪になります。そして、ストレスは食欲不振や内臓機能の低下、寝つけないなど、健康も損ないかねません。ストレスは溜めないようにすることが大切です。自分にピッタリ合ったストレス解消法で上手に発散し、楽しく生活することが秘訣です。また、運動不足は白髪の原因になります。運動には血行がよくなる効果やホルモンバランスを整える効果、そしてストレスを発散する効果などがあります。軽い運動を日頃から行うことで血行が改善され、白髪も予防することができます。近所をウォーキングしたり、軽いジョギングで汗を流す、水泳で全身運動をするなどの有酸素運動は体に効果的です。寒い季節にはトレーニングジムで汗を流すのもいいかもしれませんね。継続した運動習慣で白髪を予防しましょう。

私が思う白髪の予防

今まで何も気にせず生活してきましたが、これ以上白髪を増やさないためにはどうしたらいいのでしょうか。白髪は加齢によって起こる老化現象の一つです。老化は誰にでも起こるものなので、どうしようもないと思われているようですが、ある程度は適切な予防策で改善できるようです。髪の毛が成長するためには栄養が必要です。髪の毛の色であるメラニン色素も栄養なしでは作りだすことができません。そこで、食生活の見直しが重要になってきます。髪の毛の成長に大切な栄養素は、タンパク質とビタミン、ミネラルです。特にタンパク質は髪の毛を作る材料です。タンパク質が不足すると、元気がない髪の毛が生えてくるようになり、白髪になりやすくなります。卵、肉類、大豆、魚類、乳製品などからタンパク質を摂るようにしましょう。ミネラルの働きは体の調子を整えることです。その中でも大切なのが亜鉛です。亜鉛は、体内に取り込んだ栄養を最適な形に変化させる作用があります。これにより、食事で取り込んだタンパク質を効果的に髪の毛に生かすことができ、白髪予防や白髪の改善に効果を出すことができます。亜鉛以外のミネラルも大切なので、ミネラルを全般的にバランスよく体内に取り込むことが大切です。ミネラルが多く含まれている食品は海藻類や牡蠣などです。ビタミンにはAやCなどいろいろな種類があります。その中でも特に大切なのはビタミンA、C、Eです。これらのビタミンを体内に取り込むことで、血行促進や血液サラサラ、抗酸化効果などが得られます。これにより、栄養がメラノサイトに効果的に補給されるようになり、白髪対策にもなります。これらのビタミンが多く含まれている食品は野菜、ナッツ類、果物などです。

ルミナマジックジェルで白髪染めした後の皆の評価

毎日使用してだんだん色が染まってくると、周りの人たちから「髪の毛染めたの?」と聞かれます。ルミナマジックジェルのことを話すと「そんなのあるんだぁ。」と驚きの声。少しブラウン系の色に染め上がるので、顔も明るく見えるようです。今までは白髪が気になる日には、洗面所の前で白髪が目立たないようにスタイリングしてみたり、前からだけではなく鏡を使って横や後ろを見てみたりと時間がかかったのですが、もうそんな心配もなくなりました。そして、白髪が自然に目立たなくなっていくのも魅力の一つです。また、友達と話しをしていると、意外に白髪染めで悩んでいる人が多いのにも気づきました。白髪が気になりだしてから、2週間に1度くらい家で染めているが、髪の毛が傷んでパサパサになったという友達や、まだ初期白髪なので染めたくはないけど、やっぱり白髪が気になるので染めたい。でも、体への影響が心配という友達など悩みの内容は様々です。そんな友達にルミナマジックジェルのことを話すと「私もそれで染めてみようかなぁ?」と考えている様子でした。

ルミナマジックジェルは光で染まる仕組み

ルミナマジックジェルは、髪の毛が光に当たることで染まります。ジェルの中に含まれている銀イオンが光に当たる事により、銀の元素となり髪の毛に吸着します。その銀の元素が光を吸収することにより茶系に発色し、銀の元素が髪の毛に吸収し、約1ヶ月の間、色を保ち続けます。カッソウエキス、朝鮮人参エキス、真珠抽出エキスなど髪の毛に優しい成分が入っているので痛みも少なく、使用して残った分は保存できるので、とっても経済的です。毎日染めることでだんだん色が濃くなり、いつのまにか若々しいヘアスタイルを手にすることができます。室外だけでなく、室内でも着色するところが特徴です。また、染めたあとの色落ちも心配しました。そこで、試しに染めたあとにウォーキングしてみました。約30分間家の近所を歩き、10分経過した頃から額にはじんわりと汗が。最後にはかなり汗をかきましたが、染料が色落ちすることもありませんでした。改めてこの商品に魅力を感じました。

ルミナマジックジェルで白髪染めにチャレンジ

説明書を読んだ後、早速白髪染めにチャレンジしました。キャップをとったときのあの独特の匂いは確かにありません。毛染めの間中ずっとあの匂いと戦うのは本当にツライものなので本当にありがたいです。染める手順は、事前にシャンプーし、くしか手のひらに3~4cm程取って気になる部分に塗ります。ジェルなので伸びがよく、白髪にもなじんでくれます。洗い流し不要なので、冬にお風呂で洗い流すというような寒い思いをせず染めることができます。外出の直前に白髪に気付いた時でもサッと塗って出かけられるので本当に便利です。私の髪は太いので本当に染まるのかなぁ?と半信半疑でしたが、毎日塗っているうち、きれいに染まってきました。美容院で長時間待って染めることを考えると時間とお金が随分節約できそうですね。また、これなら女性だけでなく白髪が気になりだした男性にもオススメです。夫婦で使用してお互いに染め合うというのもいいかもしれませんね。

ルミナマジックジェルをインターネットで購入

いろいろなタイプがある白髪染め。定期的に使うものなので、使いやすく効果のあるものがいいですよね。私はネットで見つけた洗い流し不要の『ルミナマジックジェル』を購入しました。洗い流し不要のタイプは手軽にできていいなぁと以前から思っていました。しかし、近所のドラッグストアでは売ってなくて、どうしようかと悩んでいたのですが、ネットでやっと見つけることができました。これでやっと私の悩みも解決できると、商品の到着を今か今かと待ちました。商品が到着したら早速説明書を熟読しました。この商品の特徴は、洗い流しがいらない他、ジェルをつけた後でもべたべたした感触がなく、くしでとかすとサラサラの髪の毛になるそうです。また、ヘアカラーが手やくしに付いた時でも簡単に洗い流せて便利。ヘアカラーのあのイヤな匂いもないので、外を歩いても気にならないうえ、敏感肌の人でも使えてトリートメントの作用もあるので髪にも優しく、約1ヶ月間色を保ってくれるという嬉しい効果があります。

白髪染めの種類を調べてみる

今まで白髪染めに興味がなかったので、どんなものがあるのかと調べてみました。染め方によって5種類があります。まずはジェルや液状のタイプ。髪の毛のメラニン色素を分解し、染料を内部に浸透させる方法で、染めこむ分長持ちします。しかし、髪の毛への負担も大きく、染色後のお手入れも重要になってきます。ヘアマニュキアタイプは髪の毛の表面にヘアカラーをコーティングするタイプです。メラニン色素を分解しないので、髪の毛には優しいのですが、色持ちがヘアカラーに比べて弱く、染め直すまでの期間がどうしても短くなりがちです。スプレータイプは髪の毛に直接スプレーするので、待つ時間も無く手早く白髪が染まります。しかし、シャンプーすると全て落ちてしまうので、毎日スプレーしなければなりません。クリームタイプの白髪染めは液ダレしにくいのが利点です。生え際の白髪にもしっかりおさまり染め上げることができます。また、このタイプのヘアカラーは、髪の毛が伸びて白髪が目立ち始めた部分だけを染めるのにも使えます。そして、シャンプータイプはシャンプーの中に染料が入っていて、少しずつ髪の毛が染まります。衣服も汚さずに染められるのが魅力ですが、自分の満足のいくように染まるまでにはかなり時間がかかります。

どうして白髪になるのかちょっと調べてみました

アジア人には黒髪が多く、欧米人は金髪、銀髪、赤髪が多いなど、国や地域によって髪の毛の色は人様々です。こんな風に髪色に違いが出るのは、髪の毛に含まれるメラニン色素によるためです。日焼けをした後のシミやソバカスのもととなるあのメラニン色素です。紫外線を吸収することができるように髪の毛にはメラニン色素が含まれています。でも、紫外線って人体にとってはあまりいいものではありませんよね。髪の毛にはこの紫外線から身を効率よく守るためにメラニン色素が含まれています。メラニン色素を作っているのは『メラノサイト』という髪の毛の根元である毛乳頭にある色素細胞です。メラノサイトは、髪の毛がのびるサイクルに合わせてメラニン色素を作り、髪の毛の内部に織り込む働きがあるのですが、何かの原因でメラノサイトの働きが低下してしまうとメラニン色素が作られなくなり白髪になります。つまり、白髪の大きな原因は、メラノサイトの活動が低下することにより、メラニン色素が髪の毛に含まれなくなったということです。

最近白髪が気になりだしてきた

40歳を過ぎたあたりから少しずつ白髪が気になりだしました。最初、自分では気付かなかったのですが、いつも行く美容院のスタッフさんに「白髪が出てきましたね~。」と言われ、それからは手鏡でこまめにチェックするようになりました。表面にはないのですが、髪の毛をかき分けてみると、確かに内側には白いものがチラホラ出ています。いよいよ白髪染めの年齢か?でも、白髪染めは髪の毛にあまりよくないというイメージがあるので、どうしようかと迷うこと一週間。まだそんなにたくさんあるわけでもないので我慢しようかとも思ったけど、気になりだすと、ついつい髪の毛を掻き分けて見てしまい、憂鬱な気分になるので、思い切って染めてみることを決意しました。でも、美容院で染めるのは時間もかかるし、お金も高くつきます。家でなら自分の好きな時間に染められるし、染まるのを待っている間にも家事ができます。時間が有効に使えそうなので、家で染めることにしました。