今まで何も気にせず生活してきましたが、これ以上白髪を増やさないためにはどうしたらいいのでしょうか。白髪は加齢によって起こる老化現象の一つです。老化は誰にでも起こるものなので、どうしようもないと思われているようですが、ある程度は適切な予防策で改善できるようです。髪の毛が成長するためには栄養が必要です。髪の毛の色であるメラニン色素も栄養なしでは作りだすことができません。そこで、食生活の見直しが重要になってきます。髪の毛の成長に大切な栄養素は、タンパク質とビタミン、ミネラルです。特にタンパク質は髪の毛を作る材料です。タンパク質が不足すると、元気がない髪の毛が生えてくるようになり、白髪になりやすくなります。卵、肉類、大豆、魚類、乳製品などからタンパク質を摂るようにしましょう。ミネラルの働きは体の調子を整えることです。その中でも大切なのが亜鉛です。亜鉛は、体内に取り込んだ栄養を最適な形に変化させる作用があります。これにより、食事で取り込んだタンパク質を効果的に髪の毛に生かすことができ、白髪予防や白髪の改善に効果を出すことができます。亜鉛以外のミネラルも大切なので、ミネラルを全般的にバランスよく体内に取り込むことが大切です。ミネラルが多く含まれている食品は海藻類や牡蠣などです。ビタミンにはAやCなどいろいろな種類があります。その中でも特に大切なのはビタミンA、C、Eです。これらのビタミンを体内に取り込むことで、血行促進や血液サラサラ、抗酸化効果などが得られます。これにより、栄養がメラノサイトに効果的に補給されるようになり、白髪対策にもなります。これらのビタミンが多く含まれている食品は野菜、ナッツ類、果物などです。






このページの先頭へ