今まで白髪染めに興味がなかったので、どんなものがあるのかと調べてみました。染め方によって5種類があります。まずはジェルや液状のタイプ。髪の毛のメラニン色素を分解し、染料を内部に浸透させる方法で、染めこむ分長持ちします。しかし、髪の毛への負担も大きく、染色後のお手入れも重要になってきます。ヘアマニュキアタイプは髪の毛の表面にヘアカラーをコーティングするタイプです。メラニン色素を分解しないので、髪の毛には優しいのですが、色持ちがヘアカラーに比べて弱く、染め直すまでの期間がどうしても短くなりがちです。スプレータイプは髪の毛に直接スプレーするので、待つ時間も無く手早く白髪が染まります。しかし、シャンプーすると全て落ちてしまうので、毎日スプレーしなければなりません。クリームタイプの白髪染めは液ダレしにくいのが利点です。生え際の白髪にもしっかりおさまり染め上げることができます。また、このタイプのヘアカラーは、髪の毛が伸びて白髪が目立ち始めた部分だけを染めるのにも使えます。そして、シャンプータイプはシャンプーの中に染料が入っていて、少しずつ髪の毛が染まります。衣服も汚さずに染められるのが魅力ですが、自分の満足のいくように染まるまでにはかなり時間がかかります。



このページの先頭へ