アジア人には黒髪が多く、欧米人は金髪、銀髪、赤髪が多いなど、国や地域によって髪の毛の色は人様々です。こんな風に髪色に違いが出るのは、髪の毛に含まれるメラニン色素によるためです。日焼けをした後のシミやソバカスのもととなるあのメラニン色素です。紫外線を吸収することができるように髪の毛にはメラニン色素が含まれています。でも、紫外線って人体にとってはあまりいいものではありませんよね。髪の毛にはこの紫外線から身を効率よく守るためにメラニン色素が含まれています。メラニン色素を作っているのは『メラノサイト』という髪の毛の根元である毛乳頭にある色素細胞です。メラノサイトは、髪の毛がのびるサイクルに合わせてメラニン色素を作り、髪の毛の内部に織り込む働きがあるのですが、何かの原因でメラノサイトの働きが低下してしまうとメラニン色素が作られなくなり白髪になります。つまり、白髪の大きな原因は、メラノサイトの活動が低下することにより、メラニン色素が髪の毛に含まれなくなったということです。






このページの先頭へ