パーマによって髪が傷むのは宿命

現在、広く行われているパーマは、加熱ではなく化学反応によってウェーブをつけるコールドパーマです。この方法は、化学作用によって毛髪の構造を変化させるので、髪を傷める可能性は少なくありません。

パーマがかかるしくみを、少しくわしく見てみましょう。

毛髪は、アミノ酸が種々に組み合わされたケラチンというタンパク質でできています。ケラチン分子は、らせん状につながったアミノ酸の鎖を、アミノ酸のーつであるシスチンが束ねている状態です。シスチンどうしの結びつきはシスチン結合といい、自然な毛髪は、シスチン結合のおかげで、引っ張ったり曲げたりといった力に強い抵抗力を持っています。パーマは、毛髪の内部に化学薬品をしみ込ませて、この髪の分子構造を化学的に変化させるものです。

パーマをかけるときは、まず、ロッドなどを巻いて、髪内部の成分の結合を変形させます。そして、パーマー液のチオグリコール酸の還元作用でシスチン結合を切断し、髪を軟化させます。次に、パーマ2液で毛髪内部の成分を再び結合させ、元の硬さに戻します。こうしてウェーブをつけるのがパーマです。

ストレートパーマや縮毛矯正もまったく同じ原理です。ストレートパーマと綿毛矯正は、ウェーブ状の髪のシスチン結合をパーマー液で切り離し、パネルにつけてまっすぐのばしてから、パーマ2液でまっすぐのまま固定します。

パーマには2種類の液体を使いますが、このうち髪にダメージを与えるのは、はじめに使われるー液、チオグリコール酸の液体です。この物質には、もともと皮膚の角質やつめ、毛髪のケラチンを破壊する作用があります。パーマは、このような化学薬品の作用を利用して、髪内部の自然な結合を切断したり、再結合させたりするので、毛髪には多くの負担がかかります。そのため、程度の差はあっても、パーマによって髪が傷むのは宿命ともいえるのです。

最近は、パーマ液自体、髪へのダメージを最小限に抑えるものが開発されたり、キユーティクルを保護するトリートメントが使われるなど、髪の傷みを防ぐための工夫がされています。といっても、頻繁にかければ化学薬品によるダメージを与え続けることになり、髪への負担は決して小さくありません。2か月にI回より頻繁にならないようにし、髪を守りたいものです。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ