アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬

化粧品やシャンプー、リンスなどによる接触皮膚炎ばかりでなく、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、ステロイド皮膚炎、頭部自癬、膠原病など専門的な治療を必要とする疾患でも、フケ症のように頭皮からバラバラと角質が落ちることがあります。

よくみられるのは、アトピー性皮膚炎など、かなり乾燥した状態での皮膚炎で、かゆみがあることから、頭皮をかいて頭全体からフケが出ます。頻繁にかきむしることによって毛が抜け、髪が薄くなることもあります。

尋常性乾癬は、皮膚にかゆみを伴う紅斑ができ、それがかさぶたのようになって、フケのようにポロポロと落ちるものです。このかさぶたのようなものを無理にとろうとすると出血し、症状がさらに進むと、紅斑の数が増えてくっつき、大きくなったりします。体質的な素因に、ケガや病気、喫煙、飲酒、食生活、不眠やストレス、気候など、さまざまな環境因子が加わり発症すると考えられています。

感染性の疾患ではありませんが、体質的な素因を持っている場合は、さまざまな環境因子の刺激によって繰り返し発症します。頭皮の症状は全身症状の一部ですが、頭から症状が出ることがあり、診断がつかない場合もあります。しかし、ほかの病気と異なり、なかなかよくならないのでわかることもあります。

脂漏性湿疹が重く、ひじやひざの外側に皮疹がある場合、尋常性乾癬を疑います。尋常性乾癬にはビタミンD剤が効果的で、脂漏性湿疹などとは効く薬が異なります。したがって、ひじやひざの外側に皮疹が出たら必ず医師に伝えてください。

適切な治療を受けるとともに、生活環境を整えて、発注を抑えるようにコントロールしたいものです。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ