生き生きとした美しい毛髪を育てるには、その土台になる頭皮の健康が欠かせません。でも実際には、フケ、かゆみ、湿疹など、頭皮のトラブルを抱える方が少なくないようです。

放っておけば、髪は育たず、抜け毛を増やしてしまうだけに、できるだけ早く手を打つ必要があります。頭皮に何らかの症状が現れたら、皮膚科を受診しましょう。

とはいうものの、黒い髪で覆われている頭皮は顔と違って外からは見えないので、異常があっても本人はなかなか気づかないものです。その結果、放置されて悪化してしまいがちです。家族や他人が最初に気づくこともよくあります。

頭皮に現れる症状には、アレルギーや湿疹、あるいはスタイリング剤や化粧品が合わない可能性など、いろいろな原因が考えられます。

自己判断で処置をしないことです。誤った処置をすると、抜け毛を増やしたり、皮膚炎へと進行してしまう恐れがあります。

化粧品やシャンプー、スタイリング剤などを使った後で、かゆみやただれ、赤くなるなどの症状が現れた場合は、まず、その使用をやめてください。

症状が出た原因と思われるものを持参して皮膚科を受診しましょう。

複数の化粧品の組み合わせでかぶれる場合もあるので、直前まで使っていたシャンプー、リンス、スタイリング剤、化粧品はすべて持参します。

また、症状が現れたころの体調、食事、睡眠、精神状態などもメモ書きして持参すると、診断に役立ちます。

仕事や勉強などで忙しくストレスが過剰になったり、睡眠不足で疲れがたまっている、あるいは食事が不規則で栄養の摂取に偏りがあったりすると、それが頭皮の異常や抜け毛といった症状となって現れることもあります。



このページの先頭へ