シャンプーはさまざまな化学物質が入っています。これが一皮から吸収され「経皮毒」(=皮膚を通して体内に入る毒)に。その解毒は肝臓の役目。肝臓の酷使は白髪の一因となります。お湯で地肌を充分予洗して地肌につけるシャンプー量を減らす、水で薄めて使うなどの工夫を。またシャンプーはよく泡立ててつけると地肌を痛めません。



このページの先頭へ